Indeedに求人が掲載されない!?

「Indeed(インディード)」。
採用活動を担当されている方は
一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
CMでの露出効果もあってか、
シゴトと探す方含め広く知られるようになってきました。
一方で「Indeedって聞いたことがあるけれど、実はよく知らない」
というお声もまだまだ聞きます。

今回はその中でも
「Indeedに求人情報が表示されない」
とお困りの方に読んで欲しい内容となっています。
ぜひお手元に求人情報を用意しながら読み進めてくださいね。

そもそもIndeedとは何か?

Indeedは求人情報に特化した検索エンジンです。
皆さんが普段スマホで検索するときに使う
GoogleやYahoo!といった検索エンジンの
お仕事探しバージョンと思って頂くと分かりやすいかと思います。
Indeedでは、独自のアルゴリズムを用いて
掲載基準に合った求人情報を集約して
検索結果に表示させています。
世の中にある様々な求人サイトや
会社ホームページの求人を集約しているため
一般的な大手転職サイトと比較しても
求人件数が圧倒的に多くなっているというわけです。

Indeed掲載基準

Indeed内で求人を探すには
「職種」×「勤務地」を掛け合わせて検索をします。
この時、
・検索ワード
・求職者の行動履歴
・詳細ページの内容

この3つのマッチ度から求職者の意図に最も合致すると
思われる求人が表示されると言われています。
(※詳細は明かされていません)

そのため、求職者が求人原稿をクリックしたときに
本当に探していた求人だったか、応募に繋がったかなど
求人の詳細ページの内容が求職者の検索ニーズに
合致していることが大事になってきます。

掲載基準については他にもindeedの公式に記載されています。
Indeedで求人情報が表示されない理由。掲載基準を見直してみよう

ここに記載されているように、大前提となっているのは、
常に求職者視点であることを大切にしている』こと。
そのため求職者にとって”よくない求人内容”と判断されてしまうと
「Indeedに掲載されない」という事態が起きてしまいます。
ガイドラインにも掲載基準が記載されていますが、
特に重要な「掲載されない要因」となっているものを挙げていきましょう。

掲載されない要因

掲載基準をクリアしていない

Indeedに掲載されるには
まずは掲載基準をクリアする必要があります。
1つの求人情報ページにつき
「1職種、1勤務地」となっていることが条件です。
例えば同じ勤務地であっても、
営業職と事務職の募集を同時に書くのはNGということです。
これは入社後にどちらの業務に当たるか
不明瞭になってしまうことや
募集条件が変わることもあり
情報が混在して求職者が混乱するのを防ぐためです。

職種名や求人詳細内容に記号が入っている

「オープニング!!未経験OK★事務スタッフ」
「簡単なお仕事♪倉庫管理スタッフ!履歴書不要☆」
このように職種名に記号を使ったり、
仕事内容と関係のないキーワードを入れたりすると
掲載されにくくなります。
仕事と関係のないキーワードを表記することや
記号を入れて目立つようにすることは、
Indeedではクリック誘発を意図しているとされ、
検索結果に表示されにくくなります。

OK例
「医療事務スタッフ」
「食品会社の倉庫管理スタッフ」
このように求職者にとって明確な書き方にしましょう。

差別的な表現をしている

年齢・性別・国籍に触れる書き方をする際には注意が必要です。
これは業務の能力と関係ない理由で応募が制限されることを防ぐためです。

・具体的なNG例と改善策
年齢制限:20代歓迎、若手歓迎、シニア歓迎→活躍中と表記
性別制限:主婦歓迎→主婦・主夫活躍中
国籍制限:外国人歓迎、日本人歓迎→活躍中と表記
直接雇用での完全歩合制:完全歩合制、又はその選択肢を含む求人

また2022年2月には
求人情報に「学生不可」「高校生不可」「大学生不可」等の文言が含まれている場合、Indeedでは就学状況による応募機会の制限は適当ではないと判断し求人情報を非掲載にします。
と正式広報されました。

一般的な求人サイトでは制限されていないことなので
Indeedでも同じような表記をされているかもしれませんが
該当表記のままだと求人が表示されなくなってしまうため、
「高卒以上」「大卒以上」などへの変更が必要です。

求人情報が古くなっている

求人を投稿したまま放置しているということはありませんか?
古い情報の求人は掲載がされにくくなる傾向になっています。
これは掲載されているのにもかかわらず応募がなく、
求職者にとって良い求人ではないと見なされるためです。
求人内容が「30+日前」となっている案件は、
一度作り直して頂くか、求人内容を変更してみることをオススメします。

さいごに

さて、特に重要なポイントを説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
現在、求人が掲載されていないという場合は改善してみてください。
上記のことを変更してもまだ表示されない場合は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

この記事を書いた人

広部貴司

リクルート発行の求人広告制作を経て、2014年上級ウェブ解析士を取得。以降、特定の商品に限ることなく、リアルもウェブもペイドメディアもオウンドメディアも含めてトータルで最適な採用手法の提案を心掛けています。